今注目のラフティングで自然を感じる【冬にもラフティングを楽しむ】

ロープの長さで業者を決定

パラセーリング

高度はロープの3分の1

沖縄で行うマリンレジャーの中でも特別な技術や資格を必要としないにも関わらず、沖縄の青い海と白い砂浜を上空から満喫することができるとあってパラセーリングの人気が急上昇しています。パラセーリングはロープに繋がれたパラシュートをボートが進行しながら引っ張ることによってゲストを空に舞い上げます。ロープの長さによってどこまでの高さまで上がることができるかが決まってくるので、沖縄でパラセーリングをしようと思ったら利用する業者がどれくらいの長さのロープを使っているのかを調べておくとよいでしょう。初心者向けや手軽さを売りにしている沖縄のパラセーリング業者はロープの長さを50mとしているところが多くなっています。パラセーリングが初めての人であれば、手軽な上に料金も格安になっているので選ぶ価値はあるでしょう。一方、何回もパラセーリングをしたことがある人には50mのロープの長さでは満足できない可能性が高まります。そんなときには150mや長いところでは200mのロープを使っている業者もあります。パラセーリングで舞い上がる高度はロープの長さのおよそ3分の1位になるので、200mのロープを使うと高さ70m近くまで上がれる計算になります。ビルの約20階ほどの高さから見る沖縄の青い海は一見の価値があるので、パラセーリングを何回も体験している人は一度最高の長さのロープで体験してみると今までにはない興奮が味わえるはずです。